使い方と効能

TOP > 使い方と効能 > 妊娠、出産、赤ちゃんに

大切な人をまもりたい
そんな気持ちから
ソンバーユはうまれました

妊娠期間中の思いどおりにならないお肌に

お肌が荒れやすくなる妊娠期間中、まずはソンバーユで保湿ケア。
ホルモンバランスの変化などで、お肌の調子が思いどおりになりにくい時期は、
馬油100%のソンバーユをお試しになってみてください。

気になるお腹のお肌に

ソンバーユはほとんど無臭。ニオイに敏感になる妊娠初期でも気になりません。
だんだん大きくなってくるお腹のお肌のスキンケアは、できるだけ早めから。
お腹以外にも“張り”が気になる太腿や二の腕部分等のスキンケアにお使いください。

お母さんのお肌もいたわってあげてください

出産したら、自分のお肌にかまっていられない。
そんな時だからこそ、ソンバーユで簡単シンプルスキンケア。
お風呂上り、赤ちゃんと一緒にスキンケアを楽しみましょう。

赤ちゃんのスキンケア

しっとり、ぷるぷるに見える赤ちゃんのお肌。
実は厚さが大人の半分程度しかなく、刺激や乾燥に弱くデリケートなのです。
ソンバーユをやさしく塗布して、お肌の水分が逃げないように
保湿してあげてください。塗り方の基本は大人と同じです。
お風呂の後やオムツを取り換えた後など、手のひらに広げたソンバーユを赤ちゃんのお肌にやさしく押し当てて塗布してください。
擦ったり、すりこんだりは肌荒れの原因になるので控えましょう。

授乳中のお肌のケアに

ソンバーユはお口に入っても大丈夫。
授乳や搾乳でがんばるおっぱいの肌荒れ予防や、赤ちゃんのお口の周りにも
心配なくお使いいただけます。
ソンバーユでケアした直後でも、赤ちゃんへの授乳が可能です。