1. ホーム  > 
  2. 使い方と効能について  > 
  3. あらゆるお肌のトラブルに

あらゆるお肌のトラブルに

あらゆるお肌のトラブルに

「このお悩みが解決したら嬉しい」と誰しもが思う、気になるところの使い方を、動画つきでご紹介します。






基本編



手・爪や指先



● 手のお手入れ

手の平や甲には、一日に数回馬油を適量とり、うすく塗り広げます。保湿ケアや手荒れ予防にお使いください。馬油が乾燥を防ぎ、手肌を保護するので、こまめに塗りましょう。

手を洗った後であれば、残った水分を閉じ込めるように、すぐに馬油を塗ります。

お料理やペットと触れ合う前後のハンドケアにもソンバーユ。少量であれば、お口に入っても、ペットが舐めてもかまいません。


● 爪や指先のお手入れ

最初に爪の生え際や側面に塗布、そして爪全体にソンバーユに広げ、軽くマッサージしましょう。
爪を保護し、つややかにします。
爪と手を一緒にケアしたい方は、行き届きにくい爪から丁寧に行います。



ひじ・ひざ・かかと

お風呂あがり、各部位にソンバーユを適量塗り広げます。
カサつきがひどい場合は、さらにソンバーユをたっぷり塗り、適当なサイズに切ったラップを当て、市販のネット包帯などで押さえます。

※かかとにソンバーユを塗った後に裸足で歩いた場合等、滑りやすいので注意してください。



鼻・口・耳


【鼻】

花粉が飛び交う時期など、ソンバーユは敏感な鼻周りのお手入れにも役立ちます。
【花粉対策にも馬油!】



【口】

唇は皮膚が薄く、口紅を塗ったり、日焼け止めクリームも塗りにくく、日頃から負担がかかっています。ソンバーユで唇ケアを行いましょう。

唇全体(口角や唇の内側)に、やさしくソンバーユを乗せて広げてください。ソンバーユは口の中に入っても構いません。適当な大きさに切ったラップを口元に当てて、5~10分くらい蒸らします。ラップを取ったら完了です。



【耳】

ソンバーユを適量(あずき大くらい)とり、人差し指と中指を中心に全体に塗ります。その後、耳を挟み込み、上下になでるようにマッサージします。

耳全体をつまみながら、ソンバーユを行き渡らせます。

耳に蒸しタオルをあて、耳全体を温めると、血行が促進されてより効果的です。



応用編



ば~ゆdeおへそ美人

気になるおへそも馬油で簡単にお手入れができます。お風呂上りにあお向けになり、おへそに馬油をちょんちょんと少量つけて5~10分ほどそのままにします。その後、馬油のついた綿棒でやさしくふき取ってみてください。おへその汚れがポロリと取れて、おへそ美人のできあがりです。