株式会社薬師堂

ソンバーユってなに?

ソンバーユとは、私たち薬師堂が販売している馬の油100%※1のスキンケアオイルです。馬の油としては日本で初めて※2スキンケア化粧品として認可された馬油のパイオニア商品です。薬師堂の社主で発明家であった直江昶は、左手に負った大火傷を昔から語り継がれてきた馬の脂肪を塗って処置した経験から「この比類ない馬の脂肪で皮膚の悩みを持つ多くの人を救いたい」と研究、商品化に着手しました。

こだわりの製造方法。

「馬の油が持つ摩訶不思議な効果を、世の中に広める」という強い使命感で開発されたソンバーユは、その品質に一切の妥協を許しません。ソンバーユは馬の脂肪から馬油原料をつくる際、約2年もの間、静置保管をしてクリーム状馬油と液状馬油に分離させます。混ぜ物をせずに良質でなるべく性状が安定した馬油をつくるには、この2年という時間が必要なのです。正直なところ、効率はあまり良くありませんが、無添加で馬油100%※1にこだわったソンバーユには欠かすことのできない工程です。

どこにでも、誰にでも。

馬油100%※1のソンバーユは、角質層への浸透性に優れており、お肌にも髪にも全身に使っていただけるマルチスキンケアオイルです。自然な新陳代謝を妨げず、乾燥肌の原因である皮脂不足を補うことで、潤いあるお肌を保ちます。においもなく、口に入っても大丈夫なので、妊娠中の方や赤ちゃんにもお使いいただけます。髭剃り後や頭皮ケアにも役立つソンバーユは、ご家族全員で一年を通じて使っていただける商品です。

ソンバーユの由来とは。

ソンバーユは漢字で「尊馬油」と書きます。昔から人間と親密な関係にある馬に感謝し、その馬が与えてくれる尊い油として、開発者の直江が命名しました。ちなみに直江が愛読していた宮沢賢治の作品の中には、「ソンバーユー」という名前の将軍が出てくる話しがあります。直江の「身近なものを敬い、豊かな想像力でその価値を高めていく姿勢」は、宮沢賢治と似ているのかもしれません。

ソンバーユの想い。

私たちはソンバーユを販売する際、スタッフからお客様へ営業の電話を一切おこなっておりません。それは、「心と体は密接な関係にあり、自分が心から良いと思ったものこそ、体により良い効果をもたらす」と考えているからです。これまでソンバーユは、馬油の力を信じてくださるお客様にご使用いただき、そのお客様が大切な方へ伝えてくださる、というとても幸福な広がり方をしてきました。お客様の喜びこそが、私たちの喜びです。少しでも多くのお客様に喜んでいただけるよう、私たちはこれからも正直に誠意をもってソンバーユを作り続けてまいります。

  • ※1 ソンバーユ無香料のみ。香りつきは99.3%以上。
  • ※2 ソンバーユ(株)が馬の脂肪を化粧用油として初めて申請し製造。
ソンバーユにはお伝えしたいことがたくさんあります。
詳しくはこちらをご覧ください。

キャンペーンは好評のうちに終了しました。
またのご参加をお待ちしております。