品質と安全性

TOP > 品質と安全性 > 石鹸と合成洗剤の見分け方

石鹸と合成洗剤の見分け方QUALITY

「髪の健康のために、洗髪には石鹸の洗浄剤を使おうと思いますが、石鹸と合成洗剤の見分け方がわかりません。」時折そんなお尋ねをいただきます。
そこで石鹸と合成洗剤の見分け方をご紹介します。
(実験には、ソンバーユ馬油シャンプーと市販の台所用洗剤を使いましたが、どの用途の洗剤でも同じ方法で見分けることができます。)

※次亜塩素酸塩などが配合されている商品で「まぜるな危険」の表示のある洗浄剤は絶対にテストしないで下さい。

実は手近な物を使った実験でわかります

用意するもの

●ガラスコップ
●割り箸(泡立て用)
●お酢(安いものでOK)
●調べたい洗浄剤

石鹸と合成洗剤の写真

実験

STEP1 写真
STEP1
透明なガラス製のコップに水を3分の1程度入れます。
STEP2 写真
STEP2
調べたい洗剤を少量溶かし、割箸などでよくかき混ぜて泡立てます。
STEP3 写真
STEP3
泡立った液中にかき混ぜながら食酢を少しずつ
加えてください。
STEP3 写真2
STEP3 写真3
STEP4 写真
STEP4
泡が消えて、液体が乳白色に濁ったら石鹸です。
泡が消えず、液体にも変化がなければ合成洗剤です。